じゃばじゃばゔぁ

ろくでなしが、考えること

色々と。

どうも、おはようございます。

 

さて、いきなり番情けない話をさせて頂きますが、

私は普通に働いている人たちと比べて、恐らく非常に楽なペースで働いていたと思います。

朝はそんな早くなく、業務も常に追われているわけでは無い。

残業はもちろんないし、ほぼ定時。

 

ただ、自分みたいな若造がそれでいいのかと。

ワタクシもう23歳になってしまいますが、今って一番何かを吸収出来る時期じゃ無いのか、と。

贅沢を言っているようですが。

 

そんな中始めたのがプログラミングの勉強。

業務で一部利用する機会があり、

頭で考えた仕組みを試行錯誤して実現させる事に達成感を感じて独学で勉強をしていました。

ただ、自分の勉強方法に疑問を感じたのと、

実際にこの勉強をしている人たちのコミュニティに触れ合いたいと思ったのがきっかけで、スクールに通うことになります。

 

そんでもって何が言いたいかと言うと、

”自分が働く時間”以外を全て勉強する時間に回していたんですね。

 

その時、器用な方なら違ったのかもしれません。

生きる上で行う日常生活を疎かにしてしまっていました。

全部勉強につぎ込まないと、時間が勿体無いと思っちゃったんですね。

 

起きて職場へ行って、勉強しに行って、帰って寝る。

朝きったねぇ部屋で目覚めて、急いでシャワー浴びてまた職場、勉強。

 

そんな環境で生活をずっと続けていると、 アホな私は

「あれ、自分が今やってる仕事に割いている時間って、価値あるの?」

なんて思いが頭に浮かんじゃったんですね。

 

そこからの動きはもう早かったです。そして、今に至ると。

 

 

とはいえ、私自身ひのきの棒すら持ち合わせいない村人です。

ろくな武器を持ち合わせいない自覚のあるこんな人間が、

別の手段でお金を稼ぐことはできるのか?と考え、

いろんなお金の匂いのするものを勉強させていただきました。

 

こういったブログを書くっていうのも、その一つです。(人に読んでいただく文章になっていないので、それこそ自己満足ですが)

 

そんな中でYouTubeといったメディアに興味があって、たくさん拝見させて頂いていましたが、あそこは簡単に旗上げしていいもんじゃないですね。

いろんな派閥があれど、目的があってああいった動画を作ってるってひしひし感じますから。

自分が見た印象では、

「本当にやりたいことをそのまま動画にする」って方よりかは、

「目的の為に、反響のある=認められる動画を作る」って方が多い気がしました。

 

でも、当たり前か。

見てくれる方がいて成り立つわけだから、

当然作っている側は見る側の立場を十分に意識して動画を作りますよね。

何も考えずにチラシの裏にガチャガチャやってんのとは違いますわ。勉強させて頂きます。

 

仮に、収益を狙う目的じゃなくても、

Youtubeで視聴者の目を意識した動画を作成するとするならば、

自分はどんな内容の動画をどんなキャラクターで作るのだろうか。

どんなものなら、見る人の役にたつか(暇を潰せるという意味でも)

 

う〜ん悩ましい。

そんな事を考えずとも、誰でもスマートフォンとネット環境さえあれば、

視聴者からクリエイトする側になれる、そんな夢のあるYoutubeってすげーな。

 

多分起きた後にこの文章を最初から読み返したら

すげー頭の悪いことになってんだろうな。ネミーナ。