じゃばじゃばゔぁ

ろくでなしが、考えること

コジコジ

どうも、こんばんは。

 

だいぶ間が空きましたが。

自身の契約している携帯電話の更新期限が迫っていたので、そこらへんを見直してました。

何しろ、今や大手キャリア3社以外にも多数の選択肢があります。

しかし、それは逆に言えば「どれを選べばいいのかわからない」ということも引き起こします。

自分はこの界隈に関して全く詳しくなかったのですが、調べれば調べる程面白いというか、お金になる木があるんだなあと。

そんな自分が手に入れた知識の一部をこちらに記そうと思います。

 

 

結論から言います。

・とにかく料金を抑えたい人→SIMフリー端末と格安SIMを吟味する

・料金を抑えた上で通話もしたい人→ワイモバイルかUQMobile

・月のデータ容量を無制限で使いたい人→大手キャリアガラケーとPocketWifi

・面倒臭がりな人→無理して契約プランを変えなくていい

 

 

まず、面倒臭がりな人は大手キャリア3社の契約のままでいいと思います。

格安SIMSIMフリー端末、MVNO等、値段を抑える為には色々と知る必要があります。

少しでもランニングコストを抑える為ならば、知ろうとする努力が出来るということであれば、現在の携帯電話料金より安くする事は可能だと思います。

面倒だ、そんな事をする時間はない、といった方は

楽をするためにお金をキャリアに余分で払っていると考えればいいでしょう。

 

 

次にとにかく料金を抑えたい人。

基本的にデータの通信のみのプランを選びます。この場合音声通話は通常行えません。

一口で言えば、データ通信料金のみなので安くなります。

通話に関しては厳密に言うと出来ますが、別途アプリを介してのIP通話になります。(LINEや各社通話アプリ等の、通信回線を用いた通話)

ただ、メール(SMS)をするための番号は付属しているSIMもあります。

 

格安SIMには音声通話付きSIMもありますが、それを月額に計上するくらいなら

ガラケーを別に持った方が絶対安くなります。

何故かと言うと、格安SIMには基本的に、かけ放題等のプランが無いものが多いからです。(あったとしても、時間が短い)

なので、利用する場合は通話は通話、データはデータと割り切って使いましょう。

 

あとは自分の月のデータ通信量を確認して、MVNO格安simを選びましょう。

どこも値段は大きくは変わらないので、各社の独自のオプションを決め手にしてください。(フリーテルやLINEMobileなんかは、特定のSNSのみ通信量が無料なんてのもあります)

simフリーの端末はなんでもいいと思います。ご自由に。

 

自分はLINE MOBILEのデータSIMが使えるなと思いました。

 

 

次に料金を抑えた上で電話を通常通りしたいと言う方は、

Ymobile、UQMobileさんが良いと思います。

 

この2社は、MVNO格安SIM)と大手キャリアの中間にあると思います。

理由は、大手キャリアさんの子会社なので。

MVNO程サポートが薄くなく、大手キャリアよりも安く使える、ちょうどいい塩梅だと思います。

 

デメリットに関しては、

MVNO程特別安くはならない

・端末は最新のものより古くなる

・大手よりも通信エリアは狭まるので、地方だと電波がちゃんと掴めるか不安がある

・キャリアと同じで2年縛りがある(解約金ももちろんある)

 

特別何も考えずとも普通に契約するだけで、今の月額料金を下げることができると思うので、とりあえず安くしたいって方におすすめです。

通話も10分だか5分だかのかけ放題が付いてます。

 

これらがゆくゆくはスタンダードになっていくんじゃないでしょうか。

大手キャリアで契約するメリットって、割引とか無かったら

最新の機種が使えるってだけなんじゃ。。。

 

 

最後に、通話とデータをきっちり分けて使いたいって方は

ちゃんと調べて最適なプランをお探しだと思うので、わざわざ特筆すべき点はないのですが、基本的に通話する端末とデータ通信を行う端末を分けます。

 

なので、最低2台持つことになります。片方忘れたら片方使えません。

また、充電等の手間も2倍になります。

 

それらの手間さえ除けば、ガラケーをほぼタダで利用して、

データ通信は自分に適したプランで料金を払えばいいだけです。

ポケットワイファイでも可。

 

ガラケーの運用方法については時期によって割引かれる値段も変わるので、各々調べていただきたい。

方法としては新規あるいはMNPを利用することで、

本体代金を安い値段で購入し、本来本体代金に対して割り引かれる月ごとの割引きを

月額料金に適用させます。

 

なぜ本体代金を安く購入できるか。

通信会社の代理店が

新規契約者、あるいは競合他社から顧客を引き抜く(MNP)をすると、

通信会社からインセンティブが入るため、契約者を増やすために割引をするわけです。

 

総務省によって、この割引は規制が入りました。

ですが、このような割引自体は未だに存在しています。公にならなくなっただけで。

そういった情報をキャッチさえできれば、安く運用できます。

 

 

今回、自分はこの割引制度を利用してYmobileの回線を契約させてもらいました。

---------------------------------

基本料(プランS)    3980

基本料割引      ▲1080

ワンキュッパ(1年)1080

月額割(本体代金)  1782

別途割引       ▲  500

---------------------------------

一年目に関しては -462円です...

二年目だと600いくらかかってしまいますが、それでも3桁で収まります。

 

かけ放題の電話を利用する為に契約しましたが、これで十分です。

探せば、他の携帯会社さんでもっと安いプランもあるかもしれません。

 

今回回線を2つ契約したので、一つは寝かせてMNPの特典を得る為の弾として利用しようと思います。しめしめ。

 

 

よって、

・とにかく月額を抑えたい→

SIMフリーの端末用意して、格安SIMをぶちこめ。電話はLINEでなんとかしろ。

(場合によっては音声プラン)

 

・とりあえず今(大手キャリア)より安くしたい→

家庭で利用している通信回線で比較して、YmobileかUQmobileに切り替えろ。

 

・データ通信容量無制限にしたい、WI-fi持ちたい→

通話はガラケーにしろ。割引情報にアンテナ張れ。データ通信は自由に持つだけ。

 

・面倒くさい→

何もすんな。